top of page
検索
  • daokiroom

【用途地域】

土地にはそれぞれ用途がある

少し細かいですが、各用途を解説します。


1.第一種低層住居専用地域


低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域です。


いわゆる一般的な「住宅街」を形成しているエリアです。


建ぺい率や容積率についても「40%/80%」や「50%/100%」という数値で定められ、ゆたりとした雰囲気のエリアになっていることが多いです。


2.第二種低層住居専用地域


「主として」低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域です。


第一種低層住宅と比べると「主として」というワードが入ります。


低層住宅がメインですが、それ以外の施設も含まれるエリアです。


3.第一種中高層住居専用地域


中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域です。


アパートや低層マンションなど、やや高さのある建物の建築が認められるようになります。


#お部屋さがし#お部屋探し#部屋探し#部屋さがし#引越し#住み替え#仲介

#賃貸#賃貸物件#物件探し#物件情報#不動産#ルーム#御茶ノ水駅

#東京#御茶ノ水#不動産 #不動産仲介#物件#ひとり暮らし#築浅

#賃貸マンション#マンション#マンション暮らし#賃貸#賃貸物件 #賃貸住宅

#不動産#不動産仲介#不動産仲介業#不動産賃貸#不動産賃貸仲介

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page