top of page
検索
  • daokiroom

【炭素繊維を使って建物の耐震補強】


炭素繊維とは


炭素繊維はほとんど炭素だけからできている繊維といえます。

衣料の原料などでお馴染みのアクリル樹脂や石油、石炭からとれるピッチ等の有機物を繊維化して、

その後、特殊な熱処理工程を経て作られる「微細な黒鉛結晶構造をもつ繊維状の炭素物質」です。


炭素繊維を使って建物の耐震補強をおこなう、そんな紹介がされていました。

紹介されていたのは小松マテーレ株式会社の炭素繊維のワイヤーで炭素繊維複合材料『カボコーマ』です。

古くなった建物を炭素繊維のワイヤーで耐震補強を行っているという紹介でした。


耐震補強材として使用した『カボコーマ』は直径約9ミリ。組紐技術を応用した樹脂で炭素繊維を包み、

それを7本まとめて紙縒り(こより)のような“縒り線”にして強度を高めています。

それを使い重要文化財や世界遺産などの見た目に違和感を感じさせない耐震補強を実現させたそうです。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page