top of page
検索
  • daokiroom

【災害リスクに備えた生活を作る】

一口に災害リスクと言っても土砂災害、洪水、地震、津波、噴火など様々です。

冒頭にも申し上げた通り、日本は災害大国なので、災害リスクを完全に取り除くことは不可能です。

ご家庭の事情やお仕事の関係で、洪水が懸念される地域を選ばざるを得ない場合もありますし、地震被害を恐れるあまり、多額の費用をかけて過剰に耐震性を向上するのも間違っています。

また、災害を恐れるがあまり、予算オーバーの物件に手を出して、購入後の生活に支障が出るのも間違っています。

現実的なお金の問題を考慮しつつ、どこまで妥協できるかを突き詰めるのが、不動産購入に際に行うべき重要なプロセスです。


仮に津波が警戒されるエリアの物件を購入したとします。

建物で津波を防ぐことはできないので、津波警戒エリアに住む人は、津波警報が発令されたら高台へ素早く避難しなければなりません。

家財が失われることより命が助かることの方が大事だからです。


ご存じのように津波警報が発令されても大きな被害に至ることはあまりありません。

それでも警戒エリアに住む人は避難を続けなければなりません。

100回空振りでも101回目で助かった…、それが東日本大震災で実際に起きたことです。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:2回0件のコメント

Comentarios


記事: Blog2_Post
bottom of page