top of page
検索
  • daokiroom

【木造住宅の工法】

木造軸組工法


日本古来の工法で、柱(縦の構造材)に梁(横の構造材)を組み合わせて建てることから「軸組み」と呼ばれます。

在来工法とも呼ばれ、柱に梁を渡し、屋根を先行して建築する、日本の気候風土に合わせた工法です。


木材の接合部は、木材を加工し、補助金物で接合する特徴があります。

木材の接合部に金物を使用する在来工法に対し、金物補強をしない工法のことを伝統工法と呼びます。


メリット

・建築費用が安い

・間取りの自由度が高い

・湿度の調整効果がある

・耐火性に優れている


デメリット

・シロアリ被害


#お部屋さがし#お部屋探し#部屋探し#部屋さがし#引越し#住み替え#仲介

#賃貸#賃貸物件#物件探し#物件情報#不動産#ルーム#御茶ノ水駅

#東京#御茶ノ水#不動産 #不動産仲介#物件#ひとり暮らし#築浅

#賃貸マンション#マンション#マンション暮らし#賃貸#賃貸物件 #賃貸住宅

#不動産#不動産仲介#不動産仲介業#不動産賃貸#不動産賃貸仲介


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page