top of page
検索
  • daokiroom

【新築住宅における瑕疵担保期間10年の義務化】

「住宅の柱や壁など構造耐力上主要な部分」、「屋根など雨漏りを防ぐ部分」に、瑕疵(工事不備、欠陥など)が見つかった場合について、「引き渡し後10年以内に見つかった場合は、売主(または施工会社など)が無償補修などをしなくてはならない」と定めている。


住宅性能表示のイメージ(新築の場合10分野・中古住宅の場合9分野)

・構造の安定

・火災時の安全

・劣化の軽減

・維持管理更新への配慮

・温熱環境

・空気環境

・光・視環境

・音環境に関すること

・高齢者等への配達

・防犯に関すること


中古住宅では「音環境に関すること」が評価が困難といった理由で、現時点では採用されていないようです。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page