top of page
検索
  • daokiroom

【敷地に建物が2棟建っているケースの相続対策】

ひとつの敷地に、ご両親が居住する建物とお子様世帯が居住する建物が2棟建っている、という状態でした。


ただ、現地の状況としては、2棟の建物は物理的に繋がっており、1つの建物として利用していました。


一方で、登記記録上では、それぞれ独立した建物として登記がされている状態でした。


そして、建物の登記が分かれている現状では、先ほどの「小規模宅地の特例」が適用できない可能性があるという税理士の指摘があったのです。


そこで、2棟の建物を現況に合わせて「建物の合体の登記」を行うことになったのです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:1回0件のコメント

Kommentare


記事: Blog2_Post
bottom of page