top of page
検索
  • daokiroom

【家を買う方が気にするべきなのは街選び】

大地震発生時に大きな火災被害となるのは住宅密集地です。

行政による防火対策が進められているものの、可能であれば隣家との隙間がほとんど無いような街は避けたいところです。

現在の建物は外壁にある程度の防火性能が求められるため、平常時であれば住宅密集地だからといって簡単に燃え広がったりしません。

しかし大地震が発生すると、家屋が倒壊してしまったり、全壊にならなくても外壁が損壊してしまうような状況が起こります。

外壁には防火性能が求められているのですが、屋内は可燃物の宝庫です。あっという間に燃え広がってしまいます。

火災の規模がある程度まで広がるともうどうしようもありません。

つまり、古い密集地でぽつんと自宅だけピカピカの新築だったとしても、周りが燃えてしまえば被害が避けられないのです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page