top of page
検索
  • daokiroom

【太陽光発電で生じた余剰電力には買取制度】

ソーラーパネルで昼間に発電され、自宅で消費して残った電力を余剰電力といいます。

余剰電力は蓄電池を持っていないかぎり貯めておくことができないので、発電された瞬間に使い切られなかった分を、

自宅につながっている送電線から電力会社に対して逆に送り、買い取ってもらうことになります。

これを「売電」といいます。


こうした太陽光発電による余剰電力をはじめ、再生可能エネルギー(風力や地熱など)で発電された電力は、

電力会社がきまった価格で買い取る制度が国によって定められています。

いわゆる固定価格買取制度(FiT)です。


ただし、太陽光パネルで発電された電気を買い取ってくれる固定価格買取制度の売電価格は年々下がっています。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page