top of page
検索
  • daokiroom

【内見のコツ】

色違いの付箋

付箋は内見時にも役立つアイテムです。

最近はスマートフォンの保存容量も大きくなっているので、内見時にたくさん写真を撮る方が多いと思います。

後から情報を整理するのに役立ちますし、いざ物件の購入が決まった際に家具の配置などを検討するのにも便利なので、たくさん写真を撮影することがお勧めです。

ただ、多くの方が何件も物件を見に行きます。(内見一件で決めてしまう方は稀です……)

家、特に室内はこれといって目立った特徴がない物件が多く、複数の物件を撮影すると、どの物件だったのかわからなくなるのです。

そこで色違いの付箋です。

工事現場のようにメモを一緒に撮影するのが一番ですが、かなり手間なので、色だけで区分します。

撮影したいところにピタッと貼って、その色が写るように撮影するだけです。

後からPCやスマートフォンで見直す時に物件が違うことだけは一目で判断できるようになります。



---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page