top of page
検索
  • daokiroom

【内見のコツ】

サイズ感の差を埋める

空室になっている物件の場合、内見に行っても家具などはほとんど撤去されています。

売主が居住中の物件でも、流石に購入希望者を迎えるに当たって大掃除をしているケースがほとんどです。

内見する物件には実際の生活感がない、というのがポイントの一つです。

初めて賃貸住宅を契約した時、契約時は広いなと思っていてもいざ引っ越しで家具などが入ると、思ったよりも狭いと感じた経験はございませんか?

サイズを厳密に扱うお仕事に携わっていないと、どうしてもイメージと実際の差が出てしまいます。

そこで役に立つのがメジャーです。内見時の必須アイテムと言っても良いでしょう。

職人さんが使うような5mくらいのしっかりしたものがお勧めです。


メジャーを用意したらもう一工夫です。

今のお住まいにあるテーブルやソファーなど大き目の家具のサイズを測ってメジャーに印をつけておきます。(冷蔵庫・洗濯機など大型家電のサイズも重要です)

※メモでもいいのですが、メジャーに目印となるテープを貼っておくだけでかなり便利です。


このように実際のサイズを意識して内見を行うと、徐々にサイズ感を掴むことができ、広告の図面だけである程度判断できるようになります。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page