top of page
検索
  • daokiroom

【中古住宅で住宅ローン減税を適用するための要件】

住宅ローン減税には様々な要件があります。

中古住宅で注目されるのが「築後年数要件」です。

木造住宅など非耐火住宅の場合は20年、マンションなどの耐火住宅の場合は25年を超えると「築後年数要件」に抵触し、住宅ローン減税の対象になりません。


この「築後年数要件」を緩和する方法が用意されていて、現実的なものは下記の3つです。


・所有権移転までに耐震基準適合証明書を取得する

・所有権移転までに既存住宅売買瑕疵保険の加入手続きを行い付保証明書を取得する

・所有権移転後居住開始までに耐震改修工事を行って耐震基準適合証明書を取得する


築年数が古くても国が定めた耐震基準をクリアできれば住宅ローン減税の築後年数要件が緩和されます。


問題になるのが築年数が古ければ古いほど耐震基準を満たさないと判定されるケースが増え、そういった住宅は耐震改修工事を行って耐震性能を向上させる必要があります。

木造住宅以外の工法だと耐震改修工事が現実的なコストで実現できないため、耐震改修工事を伴う方法は実質木造住宅向けの対応策と言えるでしょう。


---------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社ルーム 御茶ノ水店

御茶ノ水駅 徒歩10秒

経験豊富なスタッフがあなたの新生活をお手伝いいたします。

お客様との接客において大切にしていること

■スピード ■条件交渉への柔軟な対応 ■休まず営業


#新生活 #御茶ノ水 #賃貸仲介 #不動産 #ルーム

----------------------------------------------------------------------------------------------------

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page